物流業界で必要な資格やスキルとは

>

物流の仕事とは

物流倉庫で必要な資格とは

物流倉庫のほとんどは無資格で働ける業務です。
しかし、その業務を支えている一つの機械がフォークリフトです。
物流倉庫の物の管理のほとんどは、パレットと呼ばれるリフトで運べる形状の分厚い板で行っています。
それを利用することで、重量物でも楽に多く運べるのです。

フォークリフトは国家資格であり、資格を取得していなければ業務を行ってはいけません。
昔は現場に資格取得者が一人居れば使用できたのですが、相次ぐ労災により使用者自身が取得していなければ罰則対象になります。
全自動化された倉庫も存在していますが、自動では対処できないところをフォークリフトを人が使用しています。
危険を伴う業務であることから、ヘルメット着用や走行位置の確定など、様々なルールを作っている倉庫が多いようです。

物流の配送で必要な資格

物流の配送関係ではトラックに乗りますので、中型免許や大型免許が必要です。
トレーラーであればけん引の資格も必要になります。
けん引の資格とは、トレーラーはトラックとコンテナが一体になっていないので、走行の技術が変わります。
トレーラーとコンテナを繋ぐ作業は、ドライバーがすることが多いので必要な技術です。
資格を取得していなければトレーラーの運転はできません。

ドライバーの配送を割り当たり、各種対応する仕事が運行管理です。
運行管理は資格の取得が必要で、全体の配送状況を把握してトラブルなどを法律に基づいて処理する仕事です。
運行管理は物流の経験が必要な仕事ですので、元々はドライバーだった人が会社から認められて任される事もあります。


この記事をシェアする